避妊の仕組み | 望まない妊娠を回避したい、そんな時はダイアン35を
様々な種類の薬

避妊の仕組み

パートナーとの性行為を行う際、望まない妊娠をしてしまいたくない……そう思った時に使用することによって、非常に強力な避妊効果を得られる医薬日……それがダイアン35です。
用法用量をしっかりと守りながらこのダイアン35を服用することによって、非常に高い確率での避妊が行えるようになるのです。
そして、このダイアン35を使用した避妊の仕組みというのは、実はとてもシンプルなものなのです。

ダイアン35のような低用量ピルと呼ばれる経口避妊薬は、女性ホルモンを主成分とした医薬品です。
この医薬品を継続して服用すると、体の中は徐々に女性ホルモンで満ちた状態へと変化していくのですが、その際、脳は女性ホルモンが満ちた状態の身体は現在妊娠状態にある……と錯覚を起こすのです。
そして、そのような錯覚を起こすと徐々に身体が妊娠中の状態に近いものへと変化していき、受精卵が着床しにくくなったり、卵子そのものが出ない状態へと変化していくのです。
そのため、このダイアン35を使用した場合、非常に高い確率での避妊を行えるようになるのです。

もちろんこの効果というのは、用法用量をしっかりと守った服用を行わなければ現れません。
なので、もしダイアン35を使用して避妊を行ないたいと思っているのであれば、きちんと使用方法についても知っておきましょう。