飲み忘れに注意 | 望まない妊娠を回避したい、そんな時はダイアン35を
白い薬の画像

飲み忘れに注意

ダイアン35を使用した避妊を行う際、最も気をつける必要がある者として、飲み忘れがあります。
私達の身体に存在している男性ホルモンや女性ホルモンといったホルモンは、常に一定の値になるように上手くバランスが取られています。
しかし、低用量ピルのような外部からホルモンを接種する医薬品を服用した場合、体の中のホルモンバランスは崩れてしまい、身体は正常な値に戻そうとするのです。
その際、もし継続してダイアン35を服用していたのであれば体内の女性ホルモンの値は常に一定の値になりますが、服用するのを忘れてしまうと、体内の女性ホルモンの量というのはあっという間に減少してしまい、せっかくの避妊効果が無くなってしまうのです。
そのため、ダイアン35のような低用量ピルを服用する際には、飲み忘れに注意する必要があるのです。

また、もし飲み忘れてしまったとしても、対処方法は存在しているので、対処方法についても知っておきましょう。
飲むのを忘れてから24時間以内であった場合、飲み忘れた!と気がついたタイミングですぐに服用することによって、体内の女性ホルモンのバランスをまたもとに戻すことが出来ます。
そのため、もし同じ時間に飲み忘れたとして、24時間以内であればリカバリーできます。

そして、もし24時間以上経過してから飲むのを忘れていた事に気がついた時には、残念ながら体内の女性ホルモンの値は服用を開始する前の状態に戻ってしまっている可能性が高くなり、避妊効果が無くなってしまっています。
なので、もし服用するのを忘れてから24時間以上経過した時には、現在使用しているダイアン35のシートを破棄し、次回月経初日にまた新しいシートから服用を再開しましょう。