副作用を知っておこう | 望まない妊娠を回避したい、そんな時はダイアン35を
二種類の錠剤

副作用を知っておこう

ダイアン35を使用して避妊を行ないたい……そう思った時に知っておくべきこととして、ダイアン35のような低用量ピルを使用した際に発生する副作用があります。
この副作用というのは、ダイアン35を服用して体外から多量の女性ホルモンを摂取したことによって身体のホルモンバランスが乱れてしまったことが原因で発症する副作用です。
そのため、身体が女性ホルモンが増えている状態に慣れるまでは様々な副作用が現れてしまう可能性があるのです。

具体的な症状としてはどのようなものがあるのかというと、身体のむくみ、倦怠感、吐き気、頭痛などの症状があります。
これらの症状というのは、先述したように体内の女性ホルモンのバランスが崩れてしまったことが原因で発症するもので、基本的には低用量ピルを服用し始めてから最初の3ヶ月間ほどの間は非常に多くの人がこれらの副作用が現れますが、それ以降は徐々に副作用の重さが軽くなる、もしくは副作用が出なくなります。
なので、服用時にはそこまで副作用を不安に思わず、もし辛ければその時には別の低用量ピルに切り替えて避妊を行うなどの対処法を取るようにしましょう。

また、このダイアン35は日本人を始めアジア圏の女性が使用するのを前提に開発された低用量ピルです。
そのため、一般的な低用量ピルのように世界中の人が使用して確実に避妊効果を得られる……というような、成分量の比較的多い低用量ピルと比べると副作用が発生する確率も低くなっています。
なので、ダイアン35を服用する際には、他の低用量ピルよりも副作用に対して気を配る必要はありません。